モネ: ル アーヴルの博物館

Google Arts & Culture

ロンドン、ナショナル ギャラリーのインペインティング ツアー

Touch & Hold

モネはノルマンディー地方の海沿いの町、ル アーブルで育ちました。この絵を描いた頃、彼はパリ近郊のアルジャントゥイユに住んでいましたが、しばしば故郷に戻り、こうした活気ある港の情景をよく描いていました。

彼が有名な「印象-日の出」(現在はパリ、マルモッタン美術館が所蔵)を描いたのはこの港でした。「印象派」という言葉は、この絵の標題から来ています。

これは、港の内部から対岸の美術館を見た風景です。このクラシカルな建物は第二次世界大戦中に破壊されました。

印象派の画家たちは、しばしば補色(色相環上で正反対に位置する色)の対比を試みています。この絵でモネは、船の色で赤と緑という補色を対比させています。

また、海面に映る船影にオレンジとブルーという補色も見られます。

水の動きを印象づけるために、モネは筆を短く水平に走らせています。

醸し出される空気に心を奪われたモネは、この絵でぼかしの技法(乾燥した絵の具の上に半透明色を塗る)を用い、ノルマンディーの変わりやすい曇り空の雰囲気を表現しています。

The Museum at Le Havre by Claude MonetThe National Gallery, London

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
この話題を友だちと共有
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール