The British Libraryストーリーを施設にリンク

リプリー スクロールの謎

賢者の石のレシピ

Touch & Hold

リプリー スクロール
リプリー スクロールは、6 メートルもある巻物で、伝説の賢者の石の作り方が書かれています。この名前はジョージ・リプリーにちなんで付けられています。リプリーは中世ヨークシャーのブリドリントン プライオリーの錬金術師で、『The Compound of Alchymy(錬金術合成)』を執筆したことで有名です。この巻物には神秘的な象徴的表現が溢れています。錬金術に関連した記号の正確な意味は完全には解明されておらず、一部は明らかに意図的に曖昧に描かれています。錬金術に人生を捧げた人だけが秘密を解読できるのでしょう。

「金を作り出し、人を不死にする石だって!」ハリーは言いました。

「そんなもの誰だって欲しがるよ!」

(『ハリー・ポッターと賢者の石』)

第 1 段階
大きな絵では、ヘルメス・トリスメギストス(伝説のエジプトの賢人)が、炉の上で錬金術用のフラスコを抱えています。周りの小さい 8 つの円には、硫黄と水銀を融合させて「白石」を作る様子が描かれています。中心の円では、ヘルメスが錬金術の本をジョージ・リプリーに授けています。

第 2 段階
次は薬浴で「白石」を作ります。木に絡みつくヘビ(知恵と知識の象徴)は、ローマの神、マーキュリーを表しています。浴槽内のアダム(サルファー)とイブ(マーキュリー)は、硫黄と水銀を表しています。

第 3 段階
今度は硫黄と水銀を別の薬浴で混合します。下はヒキガエルを飲み込もうとしているドラゴンの絵で、合わせて「黒石」の自然発生を象徴しています。

第 4 段階
賢者の石を作り出すための最終段階です。赤いライオンは赤い硫黄を表し、緑のライオンは水銀を抽出する鉱石を表します。これらが火の上に置かれた黒い「石」に加わることで、「赤石」が作り出されます。

第 5 段階
不死鳥のような姿の「ヘルメスの鳥」は再生を表し、賢者の石を作る際に出る大量の蒸気を象徴しています。

第 6 段階
賢者の石は、3 色のオーブ(白石、赤石、および黒石)として描かれています。これらを組み合わせることで命の霊薬が作り出されます。太陽は金、三日月は銀を表しています。これらの石は「アラビアの蛇」として知られるドラゴンによって掲げられています。

第 7 段階
リプリー スクロールの最後の絵に描かれている人物は、羽根ペンを持つ筆者(あるいはジョージ・リプリー自身)を表しています。

The Ripley ScrollThe British Library

提供: ストーリー

Learn about the history of Harry Potter's creation in The Journey:

The Journey

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
この話題を友だちと共有
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール