ある私立美術館

良さそうなのを拾ってみました。

受胎告知。倉敷にもありますよね、ダビンチの作品は有名です。 「こんにちは、大いに恵まれた者よ。エホバはあなたと共におられます。」-ヨハネ 1:28
歴史でやった、チグリス・ユーフラテス文明のバビロニア帝国は、ライオンで象徴されていました。「第一のものはライオンに似ていたが、それには鷲の翼があった。わたしがずっと見ていると、ついにその翼は抜き取られた。またそれは地から持ち上げられて、人間のようにふたつの足で立つようにされ、それに人間の心が与えられた」。-ダニエル 7:4 バビロンの次の支配者は、メディア・ペルシャですね。
これも知らない人のいない絵ですよね、「バベルの塔」。「さあ、我々のために都市を、そして、塔を建て、その頂を天に届かせよう。そして、大いに我々の名を揚げて、地の全面に散らされることのないようにしよう」。-創世記 11:4 これはノアの箱舟で有名な、悪人を滅ぼすためのエホバ神の洪水から200年も経っていない頃だったようです。ユダヤ古代史には、エホバ神がまた洪水を起こされたとき、避難するために建てようとしたと書いてあります。しかし、エホバ神はそれを許さず、人々の言語を乱しました。言語を乱すなんて、「想定外」だったでしょうね。
有名なレンブラントの「夜警」。
これも有名なルノアールの「ムーラン・ド・ギャレット」。
イザヤ書写本。横長なので、拡大してみてください。
火山噴火で、丸ごと飲み込まれたあのポンペイですね。
「真理とは何か」、ピラトがイエスに問うあの場面です。わたしはもっと明るいイメージを持っていますが。「それでは、あなたは王なのだな」。イエスは答えられた、「あなた自身が、わたしが王であると言っています。真理について証すること、このためにわたしは生まれ、このためにわたしは世に来ました。真理の側にいる者はみなわたしの声を聴きます」。ピラトは彼に行った、「真理とはなにか」。-ヨハネ 18:38
これも有名なレンブラントの絵ですね、「アムステルダムの織物商組合の見本調査官たち」
ああ、大きなディスプレイが欲しいっ、
Translate with Google
Home
Explore
Nearby
Profile