読み込んでいます

蕭何追韓信図屏風

与謝蕪村江戸時代 18世紀

Nomura Art Museum

Nomura Art Museum

 「蕭何追韓信は漢王劉邦に仕える蕭何が、功を認められず去ろうとした同僚の韓信を追ってこれを思いとどまらせ、劉邦を説いて韓信を大将軍にとりたてたという故事に基づく。この後劉邦は韓信らの活躍により中国を平定して皇帝(高祖)となり漢王朝を開いた。与謝蕪村(1716-1783)は江戸中期の俳人であり文人画家。江戸へ下り俳諧を学び、京都に戻って俳諧改革の新風を起す一方、画家としても活躍した。本図は蕪村50歳前後のもので、全体に丁寧に描いているが、その部分々々には俳画的表現も窺える。この作品を得庵は大正初年の藤原忠之助家の売立で入手した。

一部のみ表示もっと見る

詳細

  • タイトル: 蕭何追韓信図屏風
  • 日付: 江戸時代 18世紀
  • 作成場所: 日本
  • painter: 与謝蕪村
  • 来歴: 野村文華財団
  • タイプ: 絵画

おすすめ

ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール