National Gallery of Art, Washington DC
赤い帽子の女
次で詳しく見る:
読み込んでいます

『赤い帽子の女』は、ヨハネス フェルメールの最も小さな作品の 1 つです。本作品は、フェルメールがよく使用したキャンバスではなく、板に描かれています。椅子に座った女性のまじまじと見つめるような瞳は、見る者になんらかの合図を送っているかのようです。『赤い帽子の女』は、フェルメールとしては珍しく、誰かの依頼によるものではなく非公式な絵として描かれました。この絵に用いた繊細な色彩はとても印象的で、構図的そして心理的にも特徴のある効果をもたらしています。フェルメールは主な 2 つの色を、帽子の鮮やかな赤、そしてローブの豪華な青という異なる領域に集中させています。そして、画面全体を統一するために白いクラバットで明度を上げています。

詳細

  • タイトル: 赤い帽子の女
  • 作成者: Johannes Vermeer
  • 作成日: c. 1665/1666
  • 実際のサイズ: 23.2 x 17.9 cm (9 1/8 x 7 1/8 in.)
  • 外部リンク: National Gallery of Art, Washington
  • 媒体/技法: 板に油絵の具
  • Object Credit: Andrew W. Mellon Collection
  • Dimensions: painted surface: 22.8 x 18 cm (9 x 7 1/16 in.) support: 23.2 x 18.1 cm (9 1/8 x 7 1/8 in.) framed: 40.3 x 35.6 x 4.4 cm (15 7/8 x 14 x 1 3/4 in.)
  • Classification: 絵画
  • Artist School: オランダ
  • Artist Nationality: オランダ
  • Artist Details: オランダ、1632~1675 年

アプリをインストール

美術館を探索し、Art Transfer、Pocket Gallery、Art Selfie などで芸術作品をお楽しみいただけます

おすすめ

Google アプリ