Loading

Bowl with Carved Design of Peony, White Porcelain

Ding Ware

Tokyo Fuji Art Museum

Tokyo Fuji Art Museum
Tokyo, Japan

定窯は、宋時代随一の白磁の名窯として知られている。この作品は小さい高台をもち、薄く仕上げられた内面に、片切り彫りの牡丹文を配した典型的な定窯の白磁碗である。花弁や葉は細かい櫛描きで表現されており、優美な仕上がりとなっている。牡丹文は、色とりどりの花を豊かに咲かせることから富貴の象徴として、宋時代以降、文様として盛んに描かれるようになった。外面には、涙痕(るいこん)と呼ばれる釉溜まりがあり、これも定窯の見所の一つとなっている。

Details

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Recommended

Google apps