Loading

Bowl with Design of Peony, Over-glaze Enamels on White Slip

Chris Ware

Tokyo Fuji Art Museum

Tokyo Fuji Art Museum
Tokyo, Japan

白い化粧土の上に透明釉を掛け、三重の圏線のなかに、見込みいっぱいに牡丹文を描く。牡丹は、輪郭線を描かずに、大きく開いた花弁がそのまま簡略した表現で描かれ、緑色で葉や花芯を添えている。見込みには3個の目跡があり、高台にも目跡がみられることから、重ね焼きによる量産品であることがわかる。碗や皿などの小物が多いこともこの種の作品の特徴である。高台内に「仙興」、高台脇に「陳仙興記此□□」の墨書がある。

Details

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Recommended

Google apps