Loading

Buddist verse known as the autumn coming

Shocho Seisetsu1330-07-17

Nomura Museum of Art

Nomura Museum of Art
Kyoto, Japan

 清拙正澄(1274~1339)は鎌倉時代後期に中国から帰化した臨済宗の禅僧で、愚極智慧の法を嗣ぎ、嘉暦元年(1326)博多に渡来し、執権北条高時に迎えられ建長寺に住し、続いて浄智寺・円覚寺を歴住した。元弘3年(1333)後醍醐天皇の勅請で京都建仁寺に住し、大鑑禅師号を勅諡された。
 この「秋来偈頌」庚午の年号が記されることから、元徳2年(1330)、金山とは鎌倉浄智寺のことで、そこに住していた際のものであろう。加賀前田家伝来。重要文化財。

Details

  • Title: Buddist verse known as the autumn coming
  • Date: 1330-07-17
  • Location Created: Kamakura, Japan
  • calligrapher: Seisetsu Seichoh
  • Provenance: Nomura Bunka Zaidan
  • Type: calligraphy

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Recommended

Google apps