Loading

下村観山は、原三溪が最も好んだ画家といわれる。初期日本美術院の時代から岡倉天心とともに五浦の研究所、天心亡きあとは横山大観とともに再興日本美術院を盛り立てた。本図は三溪旧蔵の観山の風俗人物画で、浪花節の一節をもとにしたもの。いなせな男の冬の日の朝帰り。観山は櫛・笄・衣裳などを収集する趣味があり、それらがこうした風俗画に反映されている。

Details

  • Title: Coming home in the snowy morning
  • Creator Lifespan: 1873/1930
  • Creator Nationality: Japan
  • Creator Gender: male
  • Creator Death Place: Yokohama
  • Creator Birth Place: Wakayama
  • Date: 20th Century
  • painter: Kanzan Shimomura
  • Title Name(Japanese): 雪の朝帰り
  • Physical Dimensions: w50.6 x h121.5 cm
  • Period(Japanese): 明治時代
  • Object Notes(Japanese): 下村観山は、原三溪が最も好んだ画家といわれる。初期日本美術院の時代から岡倉天心とともに五浦の研究所、天心亡きあとは横山大観とともに再興日本美術院を盛り立てた。本図は三溪旧蔵の観山の風俗人物画で、浪花節の一節をもとにしたもの。いなせな男の冬の日の朝帰り。観山は櫛・笄・衣裳などを収集する趣味があり、それらがこうした風俗画に反映されている。
  • Artist Name(Japanese): 下村観山
  • Provenance: Sankeien
  • Type: Painting

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Flash this QR Code to get the app
Google apps