Loading

Dish with Carved Design of Peony, White Porcelain

Jing-de-zhen Ware

Tokyo Fuji Art Museum

Tokyo Fuji Art Museum
Tokyo, Japan

見込みいっぱいに、ゆったりと大柄な牡丹文を片切り彫りで表し、花弁には、櫛目をつける。外面は無文で、その上に透明釉を施すが、口の先端は釉薬を剥ぎとり、底裏には目跡の痕跡がないため、口を下にして、伏せて焼成したと考えられる。伏せ焼きの窯詰め方法は、景徳鎮窯において、11世紀末から始まり、12世紀後半から増加する。この作品には、無釉の口を補強するため、覆輪と呼ばれる金属製の覆いが付けられている。

Details

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Recommended

Google apps