Loading

Ewer with Design of Floral, Iron Black on White Slip

Ci-zhou Ware

Tokyo Fuji Art Museum

Tokyo Fuji Art Museum
Tokyo, Japan

円筒状の頸部に注口と平紐状の把手が付いた水注は、宋時代を通じてよく知られた形式である。この作品は、胴部との境が明瞭で、平面的な肩部を持つ。胴裾と底部を残して白化粧を施し、肩部分にのみ、赤褐色の鉄絵で簡略化された花弁とおぼしき2つの花卉文を素早い筆致で描いている。磁州窯は、このような水注のほかに、碗、皿、鉢、枕など、主に庶民の生活を支えた日常雑器を生産した窯であった。

Details

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Recommended

Google apps