Loading

光溢れる田舎の農家の庭先を描いている。ル・ヴォードルイユはパリ北西部のセーヌ川下流にあって、ルーアンとレザンドリの中程に位置する。短いタッチの塗り重ねによる描き方や特徴ある渦巻き状の雲のかたちなど、1900年頃に描かれた他の作品とよく似ている。また、この絵が1903年2月にデュラン=リュエルが画家本人から買い取った記録のあることから、1900年代初めに描かれたものであろう。

Details

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Flash this QR Code to get the app
Google apps