Loading

Jar, Three-colour Glazes

unknown

Tokyo Fuji Art Museum

Tokyo Fuji Art Museum
Tokyo, Japan

三彩陶器は初めに高火度で素焼きし、その後に鉛釉を施釉して800度前後の低火度で再焼成している。河南省鞏義窯跡の発掘で素焼き、施釉したもの、再焼成した三彩が出土している。この三彩は緑釉、褐釉、藍釉を縦縞に掛け、さらに緑釉のなかに白い花形の円文を散らせている。白い円文は蝋を掛けて釉をはじいたと考えられたが、最近の河南省鞏義窯跡の調査で、模様を円文に描いていることが確認された。

Details

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Recommended

Google apps