Loading

Jar with Two Handles and Impressed Design, Earthenware

unknown

Tokyo Fuji Art Museum

Tokyo Fuji Art Museum
Tokyo, Japan

灰陶加彩雲気文双耳壺と同じ器形であるが、彩色はない。頸には菱形文、円文を、高台には鋸歯文をハンコで巡らしている。胴の中央には鋪首と呼ばれる鬼面を張り付けている。頸、、胴には圏線を巡らせている。こうした装飾は青銅器の壺を写したものである。現状では彩色はないが、もとは加彩されていた可能性がある。

Details

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Recommended

Google apps