Loading

Jar with Two Handles and Incised Design, Ash Glaze

unknown

Tokyo Fuji Art Museum

Tokyo Fuji Art Museum
Tokyo, Japan

釉薬を掛けた陶磁器は商時代、さらにそれより前の夏時代(二里頭期 紀元前1200年頃)に始まるとされているが、その技術のルーツ、始まりが華南か、華北かははっきりしない。原始青磁、原始磁器と呼ばれる。この壺は金属器の壺を忠実に写した器形であり、さらに釉薬が掛ることで、金属器の雰囲気をより強くしている。華南の戦国時代の墓からは、こうした金属器を写した灰釉陶器が副葬品として納められており、青銅器の代用品として製作されたのである。

Details

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Recommended

Google apps