Loading

Jar withTwo Handles and Design of Deer with Landscape in Famille rose Enamels

Jing-de-zhen Ware

Tokyo Fuji Art Museum

Tokyo Fuji Art Museum
Tokyo, Japan

下膨れの胴部に双耳が付く、商周時代の青銅器の壺を模した壺。粉彩は、ヨーロッパの無線七宝の技術を取り入れて開発された、五彩に比べ微妙なグラデーションが表現できる彩画技法で、康煕年間(1662~1722)に始まる。この作品は、器面全面にそびえる山々を背景に、鹿が木々の間を自由に群れ遊ぶ百鹿図が、風景画のごとく描かれている。「鹿」は、「禄」と通音する吉祥図案。底裏には、2字3行の篆書の青花銘。

Details

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Recommended

Google apps