Loading

Details

  • Title: Lucretia
  • Date Created: c. 1636-38
  • Location Created: Italy
  • Provenance: Cardinale Boncompagni, Bologna(?); Duca Salviati, Florence & Rome until 1784 when acquired with the rest of his collection by John Udny, British Consul at Leghorn (Livorno); Passed to his brother, Robert Udny (1727-1800); His sale, Christie's, London 18th May 1804, lot. 86, bt. Richard Wyatt for L 42.0s; Probably John Sweetman, by whom sold at Herbert's , Dublin, 1-2 December 1817, lot. 13, bt. Plunkett; Private Collection, Ireland.
  • Physical Dimensions: w820 x h1015 mm
  • Painter: Guido Reni
  • Object title (Japanese): ルクレティア
  • Object notes (Japanese): ルクレティアは、ローマ史に登場する女性で、タルクィニウス・コッラーティヌスの妻。ローマ王の息子セクトゥス・タルクィニウスによる陵辱を恥じとして、短剣で胸を突いて自殺した。この事件は王政に対する反感を盛りあげ、ローマが共和制に移行するきっかけとなった。美術の主題としての彼女は、貞節に殉じた女性、悪徳に対する報いの象徴と解釈される一方で、キリスト教倫理に反して自殺した女性として、両義的な意味をもって描かれている。本作を描いたグイド・レーニは、グエルチーノと並んで、17世紀のボローニャ派を代表する画家。ラファエッロや古代の画家を深く研究し、古典主義的な様式を示しているが、本作ではさらに、後期の特徴となる洗練された、色調の抑制された描法を見せている。(出典: 展示室キャプション)
  • Artist Name (Japanese): レーニ、グイド
  • Type: Paintings
  • Rights: http://www.nmwa.go.jp/en/information/privacy.html
  • External Link: The National Museum of Western Art, Tokyo
  • Medium: Oil on canvas

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Recommended

Google apps