Loading

横浜市指定有形文化財。仏を安置する須弥壇に後屏をつけた変わった様式。須弥壇は南北朝期だが、後屏は桃山時代の作で、三溪が購入後に付けたと考えられる。須弥壇内の墨書銘には「明徳三年壬申十一月廿六日上棟」「多武峯/東南院/佛壇也/然処春秋/生年/八十歳之時/得是也/永禄五年壬戌/六月吉日實栄/敬白」とある。三溪は存命中にこれを三溪園内の源公堂(現存せず)と呼ばれた堂内に置き、所蔵の《伝源頼朝像》(重要文化財・東京国立博物館蔵)を壇上に安置していた。

Details

  • Title: Platform in the form of Mt.Sumeru
  • Creator: Unknown
  • Date: 1392
  • Title Name(Japanese): 黒漆須弥壇
  • Physical Dimensions: w119.2 x h94.5 x d58.0 cm
  • Period(Japanese): 桃山時代
  • Object Notes(Japanese): 横浜市指定有形文化財。仏を安置する須弥壇に後屏をつけた変わった様式。須弥壇は南北朝期だが、後屏は桃山時代の作で、三溪が購入後に付けたと考えられる。須弥壇内の墨書銘には「明徳三年壬申十一月廿六日上棟」「多武峯/東南院/佛壇也/然処春秋/生年/八十歳之時/得是也/永禄五年壬戌/六月吉日實栄/敬白」とある。三溪は存命中にこれを三溪園内の源公堂(現存せず)と呼ばれた堂内に置き、所蔵の《伝源頼朝像》(重要文化財・東京国立博物館蔵)を壇上に安置していた。
  • Provenance: Sankeien
  • Type: Wooden lacquering

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Recommended

Google apps