Loading

サージェントは、洗練されたスタイルと性格描写をもって、アメリカ上流階級の人々のポートレートを描き続けた。またモネとも親交を結び、印象主義をよく理解して、それを独自に咀嚼した画家の一人である。しかし、この作品を見る限りは、印象派特有の光と空気のゆらめきはなく、冷ややかで、静的で、アカデミックな絵画のつくり方である。このように様式を特定できない「無国籍性」が、逆にサージェントのアメリカ的な魅力なのかもしれない。

Details

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Recommended

Google apps