Loading

Tea bowl known as Wakayama. Raku ware

Raku DohnyuEdo period, 17th century

Nomura Museum of Art

Nomura Museum of Art
Kyoto, Japan

 楽三代道入、通称ノンコウ(1599~1656)は楽家歴代中の名工として著名であるが、その名碗七種を「ノンコウ七種」と呼び「ノンコウ加賀七種」とともに賞揚している。
 胴部に強い篦目を残しながらも、端正で落ち着いた姿としている。高台脇は三角形に釉薬を掛け残し、やや小さめの高台内部に道入の楽印を捺している。
 和歌山の菅沼家に伝来したのを、表千家七代如心斎宗左が見出し、地名に因んで「若山」と命銘した。その後鴻池家に入り、昭和15年の同家売立入札で得庵が入手した。

Show lessRead more
  • Title: Tea bowl known as Wakayama. Raku ware
  • Date: Edo period, 17th century
  • Location Created: Japan
  • ceramist: Raku Dohnyu
  • Provenance: Nomura Bunka Zaidan
  • Type: ceramics

Recommended

Home
Explore
Nearby
Profile