読み込んでいます

明治初頭の益子では白泥を掛けて絵付けしたものが多く作られ、特に山水の絵柄を描いた土瓶(山水土瓶)は生産が盛んでした。1874(明治7)年に生まれた皆川マスは10歳の頃から白掛けした陶器に絵付けの仕事を始めました。マスは窯元で成形された土瓶や、火鉢などに絵付けをして回り、時には1日に500から1000個もの絵付けをしたと云われています。民芸運動の中で益子山水土瓶が、描くというよりも自然に動く手先から生まれるような絵付けに感銘を受け、全国に紹介したことから“民芸の里益子”として知られるようになったのです。

詳細

  • タイトル: 益子焼 《山水土瓶》
  • 作成者: 皆川マス(1874~1960)
  • タイプ: 陶磁器、 山
  • 出典: 益子陶芸美術館
  • 権利: © 益子陶芸美術館

アプリをインストール

美術館を探索し、Art Transfer、Pocket Gallery、Art Selfie などで芸術作品をお楽しみいただけます

おすすめ

Google アプリ