Loading

The Battle of the Sea Gods (the Left Half)

Andrea Mantegnaca. 1475

The National Museum of Western Art, Tokyo

The National Museum of Western Art, Tokyo
Tokyo, Japan

Mantegna is a famous painter of 15th century Italy. The word "INVID", which is inscribed on the plate the old woman with a terrifying look is holding, is an abbreviation of INVIDIA, the Latin word for "jealousy". Regarding the interpretation of the theme of this mysterious print, some say it has to do with ichthyophagists referred to in "Bibiliotheca historica" by the ancient Greek historian Diodorus while others identify general literature of the time including Strabo's "Geography" as the source. This print is the left half of an oblong composition of a sequential frieze. (Source: The Digital Gallery. 1999-2006)

Details

  • Title: The Battle of the Sea Gods (the Left Half)
  • Date Created: ca. 1475
  • Location Created: Italy
  • Provenance: R. M. Light & Co., Inc., Santa Barbara, California.
  • Physical Dimensions: w329 x h276 mm
  • Painter and printmaker: Andrea Mantegna
  • Object title (Japanese): 海神の闘い(左半図)
  • Object notes (Japanese): 今日マンテーニャの真作と認められる銅版画は、《キリストの埋葬》、《キリストの復活》、《酒樽のあるバッカナーレ》、《シレノスのいるバッカナーレ》、《海神の闘い》(左右両図)、《聖母子》の7点だけである。《海神の闘い》の主題については、ギリシャの歴史家ディオドーロス(前1世紀)著『世界史』の中の「魚食の民」についての一節と関連づける説、古典的発想によるルネッサンス時代の創作、あるいはマンテーニャ自身の着想とする説がある。この作品の制作年代については、本図左方の老女の掲げる標牌下段の数字(あるいは文字)を年記と見、1461、1481、1493と読む諸説がある。しかし、ティーツェ・コンラートはこれを数字ではなくギリシャ語あるいはヘブライ語と考え、マントヴァにあるパラッツォ・ドゥカーレ内の「夫妻の間」の天井に描かれた《オルフェウス伝》(1473年頃)との様式的近似から、同時期の作と推定している。デューラーはこの《海神の闘い》に強い感銘を受け、その右半図を、マンテーニャ生前の1494年に模写している(ウィーン、アルベルティーナ版画素描館)が、この年が推定制作年代の下限となる。(出典: 国立西洋美術館名作選. 東京, 国立西洋美術館, 1989. cat. no. 115)
  • Artist Name (Japanese): マンテーニャ、アンドレア
  • Type: Prints
  • Rights: http://www.nmwa.go.jp/en/information/privacy.html
  • External Link: The National Museum of Western Art, Tokyo
  • Medium: Engraving and drypoint

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Recommended

Google apps