Loading

Vase decorated with dragon

unknown19th century

Hakone Venetian Glass Museum

Hakone Venetian Glass Museum

龍形脚花器
ヴェネチア
宙吹き、熔着装飾、アヴェンチュリン・グラス

 坏身と台にアヴェンチュリン・グラスを使い、脚部に龍の装飾を付けた花器。龍とその下の軸は無色透明のガラスを使い、龍の下には波状の水色のガラスが巻かれている。龍が首と脚を巻きつけて坏身を抱え、尾は軸に巻きついている。アヴェンチュリン・グラスとは、17世紀に発明された技法で、一般的な作り方は、ガラスの原料に金属粉を入れて熔融すると、ガラスが冷めたときに、その金属の微粒子が光を反射して光る、というもので、まるで砂金で作ったかのようにキラキラと輝くガラス。

Show lessRead more
  • Title: Vase decorated with dragon
  • Creator: unknown
  • Date: 19th century
  • Type: glass

Recommended

Home
Explore
Nearby
Profile