Loading

Vessel in Shape of Bronze Ding, Green Glaze

unknown

Tokyo Fuji Art Museum

Tokyo Fuji Art Museum
Tokyo, Japan

緑釉や褐釉などは、鉛釉陶器と呼ばれる。灰釉陶器は木灰を釉薬とし、高い温度で焼いた陶器であるが、鉛釉陶器は酸化鉛に酸化鉄、酸化銅を加えて低い温度で焼いた陶器である。鼎は三足の器で、商時代の銅器に始まる祭礼用の器。この鼎の蓋には四葉文と呼ばれる漢時代に流行した文様を描き、足には蹲った熊の文様を描いている。鉛釉陶器は土の中に長く置かれると、表面に雲母のような白い膜ができ、銀化と呼んでいる。この鼎にもそれがみられる。

Details

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Recommended

Google apps