Loading

Waterfall

Attributed to Kanoh MotonobuMuromachi period, 16th century

Nomura Museum of Art

Nomura Museum of Art
Kyoto, Japan

 狩野元信(1477―1559)は、正信の子で、その後の狩野派発展の基礎を確立した。大徳寺大仙院客殿襖絵などのように、水墨に濃彩を施した障屏画は、平明で端正な画風を示し、近世の桃山期障屏画の先駆といえる。元信は、幕府をはじめ各層からの幅広い需要や、大寺院の障壁画など大規模な制作に対応し、多数の門人を率いて集団制作を行った。この大滝図も、もとは、そのような障屏画の一部と見られる。館林秋元家伝来。

Details

  • Title: Waterfall
  • Creator: Attributed to Kanoh Motonobu
  • Date: Muromachi period, 16th century
  • Location Created: Japan
  • Provenance: Nomura Bunka Zaidan
  • Type: painting

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Recommended

Google apps