Loading

Woman Sponging Her Back

Edgar Degasca. 1888-92

The National Museum of Western Art, Tokyo

The National Museum of Western Art, Tokyo

The French painter Degas was interested in conveying the impression of movement, and painted contemporary subjects of "modern life". When compared to that of Renoir, Degas' manner of painting women is almost cruelly objective, and no matter how lovely his paintings may be, he was a realist to the end. This work is one of a series of works from his mature period depicting "Women at their Toilette". Degas alone excelled at this pastel work which exhibits shining colors and a high density at variance with the effects of oil pigments. (Source: The Digital Gallery. 1999-2006)

Show lessRead more
  • Title: Woman Sponging Her Back
  • Date Created: ca. 1888-92
  • Location Created: France
  • Provenance: Atelier Degas (1st sale, lot. 120); Collection Monteux, Paris; M. Roger Budin; Galerie Yoshii, Tokyo; M. Ryuzaburo Umehara, by whom donated to the NMWA, 1974.
  • Physical Dimensions: w624 x h709 mm
  • Painter: Edgar Degas
  • Object title (Japanese): 背中を拭く女
  • Object notes (Japanese): 踊子たちにしろ、着飾った婦人たちにしろ、裸婦にしろ、ドガの描く女たちは洗練されて美しい。だが、見つめていると一抹のはかなさが常に彼女らにつきまとう。それは彼女らが女の性をむき出しにしているからではなかろうか。「女とは自分自身にばかりかまけているいきもの、わが身を丁寧に舐めて浄める猫のようなものだ。今までの裸婦像はつねに予め見る人を意識したようなポーズで描かれていた。しかし私の描く女は素朴で、正直で、身体を美しく粧うことばかりに気をとられている女たちだ。例えば足を洗っている女がいる。その作品を見ると誰でもまるで鍵穴からその女を覗き見しているような錯覚におそわれるはずだ」。ドガはそう書き遺している。ドガの女たちを描く態度は、ルノワールの場合とは対照的に、冷酷なまでに客観的であり、彼の絵がいかに美しかろうと、画家としての彼はあくまでレアリストである。この作品は、ドガのまさに円熟期に描かれた「化粧する女たち」の連作の一つである。このように、油彩に劣らぬ高い密度と輝くような発色をもつパステル画は、ドガのみが達しえた極致と言えよう。(出典: 国立西洋美術館名作選. 東京, 国立西洋美術館, 2004. cat. no. 77 )
  • Artist Name (Japanese): ドガ、エドガー
  • Type: Drawings
  • Rights: Donated by Mr. Ryuzaburo Umehara, http://www.nmwa.go.jp/en/information/privacy.html
  • External Link: The National Museum of Western Art, Tokyo
  • Medium: Pastel on paper mounted on cardboard

Recommended

Home
Explore
Nearby
Profile