エティエンヌ=ジュール・マレー

1830/03/05~1904/05/15

エティエンヌ=ジュール・マレーはフランスの生理学者、医師。1867年からコレージュ・ド・フランスで教鞭を執った。
1882年、ライフル銃の形をした連続写真撮影機である写真銃を発明し、映画撮影機の原型となった。鳥の飛翔や人物の動きの連続写真を撮り、その動きを解析することで自らの研究に役立てた。
小惑星 Etiennemareyはエティエンヌ・マレーの名前にちなんで命名された。
一部のみ表示もっと見る
ウィキペディア

このアーティストについて知る

22 件のアイテム

アーティストエティエンヌ=ジュール・マレー
Google アプリ