エドゥアール・マネ

1832/01/23~1883/04/30

エドゥアール・マネは、19世紀のフランスの画家。近代化するパリの情景や人物を、伝統的な絵画の約束事にとらわれずに描き出し、絵画の革新の担い手となった。特に1860年代に発表した代表作『草上の昼食』と『オランピア』は、絵画界にスキャンダルを巻き起こした。印象派の画家にも影響を与えたことから、印象派の指導者あるいは先駆者として位置付けられる。
一部のみ表示もっと見る
ウィキペディア

このアーティストについて知る

302 件のアイテム

Google アプリ