ジョルジュ・スーラ

1859/12/02~1891/03/29

ジョルジュ・スーラは、新印象派に分類される19世紀のフランスの画家。
スーラは、印象派の画家たちの用いた「筆触分割」の技法をさらに押し進め、光学的理論を取り入れた結果、点描という技法にたどりついた。完成作を仕上げるまでに多数の素描や下絵を制作して、入念に構想を練った。
また補色を近くにおくことで、目では加法混色と認識され、よりリアルな光を再現している。
しかし、写実的な絵はこの時代に開発されたカメラがあるため、様々な批判が寄せられたといわれている。
一部のみ表示もっと見る
ウィキペディア

このアーティストについて知る

83 件のアイテム

Google アプリ