ジョン・ラスキン

1819/02/08~1900/01/20

ジョン・ラスキンは、19世紀イギリス・ヴィクトリア時代を代表する評論家・美術評論家である。同時に芸術家のパトロンであり、設計製図や水彩画をこなし、社会思想家であり、篤志家であった。ターナーやラファエル前派と交友を持ち、『近代画家論』を著した。また、中世のゴシック美術を賛美する『建築の七燈』『ヴェニスの石』などを執筆した。
一部のみ表示もっと見る
ウィキペディア

このアーティストについて知る

104 件のアイテム

アーティストジョン・ラスキン
アーティストジョン・ラスキン
アーティストジョン・ラスキン
Google アプリ