ポール・セザンヌ

1839/01/19~1906/10/22

ポール・セザンヌは、フランスの画家。当初はクロード・モネやピエール=オーギュスト・ルノワールらとともに印象派のグループの一員として活動していたが、1880年代からグループを離れ、伝統的な絵画の約束事にとらわれない独自の絵画様式を探求した。ポスト印象派の画家として紹介されることが多く、キュビスムをはじめとする20世紀の美術に多大な影響を与えたことから、しばしば「近代絵画の父」として言及される。
一部のみ表示もっと見る
ウィキペディア

このアーティストについて知る

290 件のアイテム

Google アプリ