冨田溪仙

1879/12/09~1936/07/06

冨田 溪仙は、明治から昭和初期に活躍した日本画家。初め狩野派、四条派に学んだが、それに飽きたらず、仏画、禅画、南画、更には西洋の表現主義を取り入れ、デフォルメの効いた自在で奔放な作風を開いた。
一部のみ表示もっと見る
ウィキペディア

このアーティストについて知る

12 件のアイテム

その他の芸術運動

Google アプリ