狩野芳崖

1828/02/27~1888/11/05

狩野 芳崖は、幕末から明治期の日本画家で近代日本画の父。幼名は幸太郎。名は延信、雅道。号は松隣、皐隣。
盟友たる橋本雅邦と共に、日本画において江戸時代と明治時代を橋渡しする役割を担うと共に、河鍋暁斎、菊池容斎らと狩野派の最後を飾った。
一部のみ表示もっと見る
ウィキペディア

このアーティストについて知る

12 件のアイテム

Google アプリ