1959年5月

アパルトヘイトをボイコットしよう

Getty Images

「イギリスのみなさん、我々は特別なことをお願いしている訳ではないのです。ただ南アメリカの商品を買わないことによってアパルトヘイトへの支持を止めていただきたいのです。」
ジュリウス ニエレレ、1959 年

このシンプルなアピールとともに、1959 年、南アフリカの有色人種を支援するためにイギリスでボイコット運動が始まりました。1 年後シャープビルで 69 人の武器を持たない抗議者が南アフリカ警察に射殺されるという衝撃的な事件が起こります。この事件は人々の激情を煽り、運動は反アパルトヘイト運動(AMM)と名前を変えて単なる不買運動から全面的な経済制裁と人種隔離体制の南アフリカの完全な孤立を求めるキャンペーンへとその活動を強化しました。

学生から著名人、労働組合員から宗教指導者、労働党から共産党まで、運動の目的は幅広い支持を得ました。

1969 年: デビッド シェパード主教、アン カー国会議員、ドナルド ソーパー卿、イアン ミカルド国会議員
1963 年: ヴァネッサ レッドグレイヴ、バーバラ キャッスル、ロバート リーシャ
1993 年: 元ステップニー主教、トレバー ハドルストン
1978 年: 労働党議員ジョーン レスター
1965 年: 俳優パトリック ワイマーク、リーブス主教、ジャーナリスト ルース ファースト
1974 年: 反対にもかかわらず、イギリス軍による投資は続きました。

実際、イギリスは南アフリカへの最大の投資国で、南アフリカはイギリスの 3 番目に大きい輸出市場でした。1964 年に労働党が圧勝して政権に就き、ハロルド ウィルソンが貿易制裁は「我々の一番の関心である国民、そしてアフリカ人と自国で一定の良識の基準を維持しなければならない南アフリカの白人に悪影響を与えるだろう。」と宣言した後に、労働党の支持もなくなっていきました。

しかし AMM は、1961 年の南アフリカのイギリス連邦からの離脱など、いくつか大勝利を収めました。

最大の議論を呼ぶ闘いの 1 つは、ローン テニス チャンピオンシップからラグビー国際大会までスポーツの場で起こりました。南アフリカのクリケット チームのイギリス ツアーを阻止するために行われた「ストップ ザ セブンティ ツアー」などの運動は、頻繁に警察と衝突していました。 

1964 年に AMM は東京五輪から南アフリカ チームを除外させることに成功し、その後 1970 年に南アフリカは最終的にオリンピックから除名されました。

1970 年: 「ストップ ザ セブンティ ツアー」の会合
1965 年: 南アフリカのクリケット選手が滞在しているロンドンのウォルドルフ ホテルにピケを張るデモ参加者
1970 年: サットン ハードコート テニスクラブの外の運動家
1969 年: スウォンジのセントヘレンズ ラグビー場で南アフリカのチーム スプリングボックスとの試合中に起こった暴動で警察官が刺されました。AAM は、1994 年にアフリカ民族会議(ANC)が政権を握るまで、イギリスで活動を続けました。
提供: ストーリー

Curator — Sarah McDonald, Getty Images
Photographers — Central Press, Express Newspapers, Fox Photos, Keystone Press, Steve Eason

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール