1938年11月

「永遠のユダヤ人」

Getty Images

当初からヒトラー政権は、ドイツの第一次世界大戦での敗北とその後の経済危機はユダヤ人の責任であると主張する反ユダヤ主義のプロパガンダにより、ドイツのユダヤ人を標的にしていました。ユダヤ人の完全雇用と教育に対する権利や市民権を制限する一連の法案が通過しました。ターニング ポイントは Kristallnacht(水晶の夜事件)でした。この事件はよくホロコーストの始まりとして挙げられ、これをきっかけとして、社会的、経済的、政治的迫害から、国が支援する暴力、国外追放、大量殺人へとエスカレートしていきます。
 
ドイツ国籍のユダヤ系市民
腕章の販売

ポーランド侵攻の後、ユダヤ人は身元が特定できる印として黄色い星かダビデの青い星がついた腕章を服の上から身に付けることを義務付けられました。名誉を傷付ける黄色いバッジはすぐにドイツの占領地に広がりました。

「ユダヤ人専用」

他のささいな、しかし加虐的な屈辱も当たり前になりました。公共スペースの人種隔離、屈辱的なスローガンを身に付けて行進させられること、歩道を磨くことは、すべてユダヤ人の人間性を奪いユダヤ人を貶めて、これから行われるよりひどい扱いを大衆に受け入れさせるための方策でした。

「私はユダヤ人ですが、二度とナチスについて不平を言いません。」
女性の看板には「私は最高の豚にふさわしく、ユダヤ人としか付き合いません。」、男性の看板には「ユダヤ人として、自分の部屋にドイツ人の女の子しか連れ込みません。」と書かれています。
「同士よ!自分の身を守れ!ユダヤ人から買うな!」

ユダヤ人の店や事務所は落書きやピケの標的となり、事業がまとめて接収されることもありました。 

ユダヤ人の教科書やその他の「非アーリア人」の書籍は大規模な焚書で破棄されました。

ユダヤ人の建物であることを特定する落書きで、買い物客がこの店を利用しないように忠告していました。
いわゆる「非アーリア人」の出版物は公開で焼き捨てられました。
シナゴーグ(ユダヤ教会堂)は標的となり破壊されました。

Kristallnacht(水晶の夜)だけで、ドイツとオーストリア中の 7500 件を超えるユダヤ人の店や会社、300 件を超えるシナゴーグが被害を受けたり、完全に破壊されたりしました。30,000 人のユダヤ人が強制収容所に送られましたが、3 か月後の釈放の時には既に 2,000 人以上が死亡していました。

ホロコーストが始まったのです...

Kristallnacht(水晶の夜)翌朝のベルリン
提供: ストーリー

Curator — Sarah McDonald, Getty Images
Photographers — Fox Photos, General Photographic Agency, Henry Guttmann, Hulton Archive, Keystone Press, Three Lions Agency

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール