ユニークなガウンの誕生: デルフォス

Palazzo Fortuny

折衷主義のアーティストによる最も象徴的な作品

マリアノ フォルチュニィのアトリエにおける最大の成功と言えば、疑う余地もなく、第一次世界大戦の終結後にギリシャ神話に着想を得て創作された、象徴的な単色のシンプルなガウン、「デルフォス」でしょう。

スタイル
このドレスのスタイルは、主に、1896 年に発見された古代ギリシャの彫像「デルフォイの御者(Charioteer of Delphi)」に触発されて生まれました。

フォルチュニィは、証書の余白に自筆で書かれたメモで、デルフォスの本当の考案者は彼の妻でミューズ的存在でもあったアンリエットだと認めています。

1920 年代、市場に登場したいくつかのモデルが、ペプロスという名前で商品化されます。こうしたモデルには、古代ギリシャでアポプテュグマとして知られた布のパーツがあり、その部分は、ガウンの上部の 3 分の 1 ほどの長さで胴体を覆うように折り返されていました。

ユニークさ
デルフォスは、無駄のないシンプルな形をした単色のガウンです。当初は 4 つのパーツ(1919~20 年頃には 5 つのパーツ)の布地で構成された円筒のような形状で、サテンやシルクタフタが使われており、長辺に沿って縦方向に縫製され、短い袖が形作られていました。

このガウンは、脇の下から肩にかけて内側に配置されたテープでアームホールが形成され、肩から足元へ自然にまっすぐ流れ落ちるようなシルエットになっています。

プリーツ加工

プリーツは縦方向のみに施され、横方向の波動を加えると豊かな動きを作り出すことができます。このためには、銅管や加熱されたセラミックが使用されます。

布地の色合いは、落ち着いた色や中間色(アプリコット、モーブ、パールグレー、ピンクなど)から鮮やかな色(コーラルレッド、ウルトラマリンブルー、ベロネーゼグリーンなど)までさまざまで、シルク自体やプリーツの動きによって虹色に輝く色調が生み出されます。

経緯
多数の魅力的な女性たちの間で、デルフォスのガウンはたちまち認められるようになり、この洗練された長持ちするファッションが流行となっていきました。 上流階級の女性たちや各国の貴族階級の人々、優れたダンサーや女優たちが、この画期的な衣服を普段着として身につけるようになります。

デルフォス ドレスを初めて購入したのはルイーザ カサティ侯爵夫人で、それは 1909 年 9 月のことでした。

クノッソス スカーフなどの装飾品、シルクガーゼのサーコート(袖付きと袖なし)、シルクやプリント ベルベットのジャケット、チュニック、ケープといった作品が生まれました。

提供: ストーリー

クレジット

フォルチュニィ美術館

ベネチア、サンマルコ(イタリア)
ベネチアのフォルチュニィ美術館(オルフェイ宮殿)

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google で翻訳
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール