天と地をつなぐ 東アジアおよびそ世界各国の天文学と空の知識

数千年前から、天文学の豊かな伝統があります。 天文学と空に関する豊かな知識を持つ中国で発展しました。この知識は東アジアの各地で広まり進化し、やがてヨーロッパからのアイディアや発見に出会いました。

作成: Adler Planetarium

Crop of Hun T'ien Yi T'ung Hsing Hsiang Ch'uan T'uAdler Planetarium

天命

中国帝国は、地球上のすべてのものが空
と直接的な相関関係があるという考えに基づいていました。星が天の極を中心に回転しているように見えるのと同じように(ここに示されている星図の中心に対応、帝国のすべてが皇帝を中心に回転していました。

中国の皇帝の力は、「天命」として知られるこの空とのつながりによって正当化されました。中国の皇帝の力は、「天命」として知られるこの空とのつながりによって正当化されました。その結果、天文現象は注意深く記録され、研究されました。

Tian wen tu zhu xiang yi fu : bu fen juanAdler Planetarium

空の奇異

中国の天文学者と学者は、天文と気象の両方の天文現象の詳細な記録を保持していました。流星、彗星、新星などの一時的な現象は、潜在的な前兆と見なされていたため、特に重要でした。

ここに示されているのは、14世紀から17世紀の間に中国で制作された作品「Tianwen tu zhu xiangyifu」のページです。これは異常な天文および気象現象の報告が含まれています。この図は、彗星の可能性を示しています。

Temmon zukaiAdler Planetarium

月の道をたどる

中国の天文学者は、独自の星座体系を構築した。これらの星座は、皇帝とその宮廷、トイレの位置など中国帝国の日常生活のさまざまな場面に直接関係していた。この星座は、17世紀の日本の書物から引用された星図に見られるように、東アジアの他の地域でも採用された。

この地図には、月の通り道に見える28の月邸宅とその中心から放射状に広がる分割線が描かれている。月、太陽、惑星の動きに関するシステムである。このような天球の区分けによって、天文学者たちは月、太陽、惑星の動きを追跡することができるようになったのです。それは古代ソポタミア、イスラム世界、西ヨーロッパの天文学者にとって、干支のような役割を果たしたのである。

Magnetic Compass: Geomancer's, Far EasternAdler Planetarium

天地のユナイテッド

「風水羅」は天と地のつながりを表し、調和のとれた空間をつくる中国古来の芸術である「風水」の中心的な道具です。この風水羅盤は19世紀に中国で作られたものである。

「天国のプール」と呼ばれる器に置かれた羅針盤の針は、風水で重要視される南の磁気を示しています。 さらに、「24の山」と呼ばれる24の方位を示す基本方位があります。風水の専門家がこの機器を使って、物事を判断し、最も良い配置を決めるために使用できます。

Shogaku tenmon shinanshōAdler Planetarium

天体の枠組み

中国をはじめとする東アジアでは、紀元前1世紀頃から渾天儀が使われ、その後、数世紀にわたって進化してきた。18世紀の日本の絵図には、観測用渾天儀が描かれている。天体の位置を測定するためのリングの骨組みである。 

別のタイプの渾天儀は、天体の動きを示し、暦の作成に関わる計算を補助するのに特に適している。これらの計器のいくつかは、水の落下によって動き始め、天球の動きを示す機械式時計のようなものであった。

Globe: Celestial, with clockwork, Far EasternAdler Planetarium

銅の空

この天球儀は19世紀前半に中国で作られました。銅製の球体の表面に、中国の星座が描かれている。

天球儀は渾天儀と密接な関係にある。天球儀は天文教育や天文計算に使われました。この例は、天球の動きを再現するために時計仕掛けになっている。

Sundial: SkapheAdler Planetarium

お椀型の日時計

日時計は、古くから世界中で時刻を知るためにさまざまな種類が使われてきました。この18世紀の日時計は、その3世紀前に韓国で開発されたデザインに基づいている。それは、上向きの椀型日時計「Angbu ilgu アンブ イルグ」と呼ばれるものである。

この計器は、ソウルの緯度で使用するように設計されています。これらの日時計は、人通りの多い都市部に設置され、公に時間を表示するために用いられ、韓国文化の象徴となった。

Yume no shiroAdler Planetarium

カレンダーからパズル

他の多くの文化や地域と同様、東アジアの文明においても、暦は日常生活の中で基本的な役割を担っていた。暦の作成は、支配者が宮廷天文学者や数学者に課した主要な役割の一つであった。 支配者、統治者の違い

19世紀の日本の作品に描かれた「めくらごよみ」は、文字の読めない読者にも理解できるように、絵入りで作られたカレンダーである。文字が読めたとしても、農耕や村落生活における重要な日付の要約として役立てることができた。この「絵暦」が、やがてパズルとして一般に楽しまれるようになった。

Sekai daisō no zu.Adler Planetarium

交易所での文化的出会い

この19世紀の日本からの地図は、仏教の宇宙論による世界とオランダ人が長崎にもたらした地理的知識に基づく世界地図を表しています。

長崎は江戸時代(1603-1867)、日本とヨーロッパの貿易と旅行者の主要な玄関口であった。この地図が示すように、長崎は思想や知識の交流の場でもあった。

Temmon Soten ZuAdler Planetarium

変わりつつある潮流

この装置をボルベールまたはホイールチャートと呼びます。同心円状の紙やボール紙を何枚か重ねて形成されており、これを回転させて計算を行うことができる。この装置全体がアナログコンピュータとして機能する。

特にこのボルベールは、月の満ち欠けと潮の満ち引きを関連付けている。これは、ヨーロッパで出版されている「月の満ち欠け」に関する書籍に掲載されている。天文・航海術に関するヨーロッパの本に見られる同様の紙製の器具を応用したものと思われる。

QB3 .N6 1710Adler Planetarium

東西をつなぐ

イエズス会の宣教師は、中国に西洋天文学の要素を導入し、中国の科学と文化をヨーロッパの人々に紹介する上で極めて重要な役割を果たした。ランソワ・ノエル(1651-1729)がそうであった。この図は、彼の著書「インドと中国における数学的および物理的観察」(1720)から引用したものである。

グラフには、中国の暦で使用されている2つの文学グループ、それぞれ十干と十二支を挙げている。同じ本の中でノエルは中国の天文記録についても論じており、それらをヨーロッパで行われた観測と比較しながら論じている。

The Observatory at PekingAdler Planetarium

いくつかの生活観察

北京の天文台は、1442年に建てられたのが始まりです。1669年から1674年にかけて、中国皇帝の要請により、イエズス会の宣教師フェルディナン・ヴェルビエストの監督下で6つの新しい大型観測装置(一部はヨーロッパ製)が建設・増設された。これらは18世紀末の図版に見ることができる。

18世紀前半には、他の天体計器も追加された。現在でも天文台を訪れることができ、天の研究と天文学が何世紀にもわたって文化をつないできたことを示す記念碑となっています。

Heitengi zukai.Adler Planetarium

望遠鏡ニュース

18世紀の日本の書籍に描かれた、天球儀の横に置かれた望遠鏡(右)と、黒点を望遠鏡で見た図(左)。17世紀初頭に西欧で誕生した望遠鏡は、その後ヨーロッパ人によって中国や日本に伝えられた。

ガリレオ・ガリレイらによる望遠鏡観測のニュースは、イエズス会の宣教師たちの活動によって、東アジアにもいち早く届けられた。黒点や木星の衛星、月のクレーターなどの観測は、日本の天文学の教科書にも掲載され、その存在感を増していった。

Yume no shiroAdler Planetarium

科学的理由と昔の夢

この太陽系図は、日本の商人であり儒学者でもあった山片蟠桃(1748-1821)の著書「夢の城」に描かれているものである。太陽、土星までの惑星、その衛星が描かれている。​​​​​​

山縣の作品にこの科学的根拠のある図解が入ることで、「夢に代えて」の中心的主張である、「昔の『夢』とは何か」をより強く印象づけることになったのである、宗教、迷信、古来の伝統などの古い「夢」を科学的理性に置き換えるという主張を補強したのである。

Kansoku to Sokuryō Kigu ZuAdler Planetarium

天地測定

これは、19世紀に描かれた日本の「測量図巻」の一場面で、測定作業とその目的で使用される道具や別の巻物には野外作業が行われる予定地に測量隊が現地に到着する様子も描かれており、見る者に感動を与える。

天文観測は、地形上の点の座標を測定し、世界の他の地域同様に基準点の方向を決定する測量に不可欠な情報であり、測量は天と地の研究を結集したもう一つの活動であった。

Yunnan ObservatoryAdler Planetarium

他の手段で調べる

このアンテナは、太陽が発する電波を研究するために、中国の天文学者と技術者が開発し、1983年に雲南天文台に設置されたものである。
それは、20世紀に現代の天体物理学、特に電波天文学の分野を形成した新しい概念、機器、技術を証明するものです。

これらのツールとリソースは新しいかも知れませんが、それらは宇宙とそれとの関係をよりよく理解するという長年の目的を果たし、歴史を通して文明を調べ上げてきました。

提供: ストーリー



この展示会は以下の方々のご支援により作成されました。
ジョシュワ・レビー博士とキャメロン・ペンウェル博士は、米国議会図書館からの資料と文脈化を支援して下さいました。デボラ・ベッケン博士、ユラ・フラマー教授、リチャード・ペッグ博士、サラ・シェクナー博士、チャン・ナン博士、ザオ・ケ博士のアドバイスと示唆に感謝します。

そしてアドラーはル・チャン氏と水野恵子氏に感謝の意を表します。

私達の寛大なサポーター:エイミー&スティーブ・ルイス財団、シカゴコミュニティトラストのロデリック&マージョリー・ウェブスター基金に特に感謝します。

提供: 全展示アイテム
ストーリーによっては独立した第三者が作成した場合があり、必ずしも下記のコンテンツ提供機関の見解を表すものではありません。
Google アプリ