読み込んでいます

鉄皺革包月輪文最上胴具足

不詳16th century, Momoyama period

立花家史料館

立花家史料館

柳川藩初代藩主、立花宗茂所用の甲冑である。永禄から天正年間前半頃の制作と考えられ、初期当世具足の特徴をよく示しているが、当初のものは、胴と兜のみで、他は後補である。胴に大きく描かれているのは、兜の脇立と同じ意匠の貫(わぬき)で、立花家では月輪(がちりん)と呼ばれる。胴廻りは大振りで、地鉄は厚く、胴の重量だけでも12kgと非常に重い。着用者の立花宗茂は、当時としてはずいぶん体格のよい人物であったことが想像される。

一部のみ表示もっと見る

その他のアイテム

おすすめ

ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール