読み込んでいます

日本の現代絵画代表する美術家。1940年大阪府生まれ。独学で絵画制作を始める。1963年南画廊(東京)で初の個展。1965年のロサンゼルスのワッツの暴動の報道写真から4つの人型を抜き出し、それに円形や色彩のグラデーションを合わせたシステマティックな絵画制作を始める。1966年「新しい日本の絵画と彫刻展」(MOMA、NY)に出品。1968年日本で初めてレーザー光線を使った作品「レーザー・ビーム・ジョイント」を発表。1970年日本万国博覧会(大阪)で同シリーズの作品を発表し話題を集めた。1972年ヴェネチア・ビエンナーレに出品等、国内外で制作発表を重ねる。宇佐美の記号化された4つ人型は、反復、変容させながら、同時代の人間とその世界経験をめぐる「思考空間」としての絵画の重要な構成要素として、終生にわたり描かれ続けた。また、多くの著作を残し、そこで語られた芸術論は、自身の絵画制作によって実践されている。

ワッツの暴動の報道写真が元になった「走る男」「立ち止まる男」「屈む男」「投げる男」の4つの記号化された人型が、筆触のないフラットなマチエールで描かれている。「記号の関係のネットワークで<均質空間とその遠近法的表現>に替わるシステムをつくる。それが空間還元の沈黙のあとに迫ってきた問いへの答えであった。私はそれを<ゴーストプラン>と名付けた。」と宇佐美は語っている。

詳細

  • タイトル: ゴースト・プランNo.1
  • 作成者: 宇佐美 圭司
  • 作成日: 1969/1969
  • 実際のサイズ: 240.0×370.0
  • タイプ: Painting
  • 権利: © Yaya Ikegami
  • 媒体/技法: 油彩、カンヴァス

アプリをインストール

美術館を探索し、Art Transfer、Pocket Gallery、Art Selfie などで芸術作品をお楽しみいただけます

おすすめ

Google アプリ