Loading

大輪の豪華な様子から「花の王」とも称される牡丹を描いた作品です。華岳(1888-1939)は、水墨による絵画表現に若い頃から関心を抱き、様々な可能性を追究してきました。滲み止めがほどこされていない生紙に描かれた本作には、熟練の技が際立っています。

Details

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Flash this QR Code to get the app
Google apps