Loading

The Thirty-Six Immortal Poets

Ikeda Koson

Fukuda Art Museum

Fukuda Art Museum
Kyoto, Japan

三十六歌仙は、平安時代中期の歌人・藤原公任が撰んだ、優れた36名の歌人のことで、後に画題としてよく扱われるようになりました。中でも尾形光琳が描いた《三十六歌仙図》は、琳派にとって重要なモチーフとなり、酒井抱一へと受け継がれます。本図もその流れをくむ作品。歌人の配置は先人の構図を継承する一方、着物の柄や配色、人物の表情には孤邨の個性が発揮されています。池田孤邨は酒井抱一に学び、兄弟子の鈴木其一とともにその技量は高く評価されました。

Details

Get the app

Explore museums and play with Art Transfer, Pocket Galleries, Art Selfie, and more

Flash this QR Code to get the app
Google apps