立命館大学アート・リサーチセンター

京都市, 日本

立命館大学アート・リサーチセンターは、私たち人類が持つ文化を後世に伝達するために、芸術、芸能、技術、技能を中心とした有形・無形の人間文化の所産を、歴史的、社会的観点から研究・分析し、記録・整理・保存・発信することを目的として、1998年に設立されました。京都にある長い歴史を誇る総合大学として蓄積してきた人文学・社会学の研究力を基礎に、最先端の情報技術を駆使し、文理融合・連携型の研究を推進しているところに特長があります 芸能・演劇などの時間芸術、日本の伝統工芸、浮世絵や古典籍などの出版文化、着物やデザインなどの服飾文化など、芸術・文化の創造や普及、理解のための研究と教育プログラムとデータベースの開発を行ってきました。そして、開設以来、浮世絵・絵画・工芸品などの収集や、世界に散在する日本文化財のデジタル・アーカイブ技術による集積は、日本の芸術・文化のための必須の研究資源となっています。2014年度からは、文部科学省が指定する全国共同利用・共同研究拠点に「日本文化資源デジタル・アーカイブ研究拠点」として選ばれ、世界の日本文化研究者や組織のハブとして貢献すべく、活動の場を広げています。

一部のみ表示もっと見る

57 個のストーリー

すべて表示

このコレクション内

すべて表示
986 個のアイテム
ホーム
トピック
現在地周辺
プロフィール