立花家史料館

立花家史料館
柳川市, 日本

立花家史料館は江戸時代を通じて柳川を治めた大名、立花家に伝来する美術工芸品を収蔵しています。昭和26年に「御花歴史資料館」が発足し、柳川藩主立花邸「御花」の邸内において、大名道具の展示公開を行ってまいりました。平成6年には貴重な文化財を展示するのにより適した施設として、新たに「御花史料館」が開館、平成23年2月に「立花家史料館」と名称を変更しました。平成25年12月3日より、それまでの運営母体であった株式会社御花から財団法人立花財団が運営を引き継ぐこととなりました。平成26年12月1日には、福岡県知事より公益財団法人として認定をいただき「公益財団法人立花財団」としてスタートいたしました。
収蔵品は柳川藩主立花家伝来の美術工芸品が中心で、国宝1点、重要文化財1点他、約5000点の調度から構成されます。藩祖立花宗茂以来、400年の長い時間をかけて形成され、連綿と受け継がれてきた貴重な資料群です。

一部のみ表示もっと見る

25 個のストーリー

すべて表示

このコレクション内

すべて表示

932 件のアイテム

1 件のミュージアム ビュー

立花家史料館日本
〒832-0069 福岡県柳川市新外町1
ウェブサイトにアクセス: 立花家史料館
開館時間
月曜日10時00分~16時00分
火曜日10時00分~16時00分
水曜日10時00分~16時00分
木曜日10時00分~16時00分
金曜日10時00分~16時00分
土曜日10時00分~16時00分
日曜日10時00分~16時00分
Google アプリ